反応まとめ

1: 国内の旅人さん
原神三大誤訳
プレイヤーの権力、このようなもの、穴埋め問題、あと一つは?

2: 国内の騎士さん
新し天賦

3: 国内の旅人さん
新し天賦解放

4: 国内の騎士さん
青ニオ

5: 国内の旅人さん
フレアの止まりってなんだったの

6: 国内の騎士さん
stepがstopで訳された
けど中華からの翻訳としては止まりで正しいって人もいたしわからん

7: 国内の旅人さん
岩の重さは安心できます
コレだろ…声までついてる

8: 国内の騎士さん
隙を見せるのはほんの一瞬だ!

管理人
フレアの止まりかなぁ…初期立本も不思議だったけど

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    試合をしよー!

  2. 匿名 より:

    岩の重さは安心できますって何だよ!

  3. 匿名 より:

    今はもう修正されてるけどロード中に出てくる聖遺物のヒントみたいなので、
    聖遺物は5つある……花、羽、時計、杯、花、冠である みたいなのあったよなw

  4. 匿名 より:

    実は誤訳と思われているものの半分くらいが中国語でもよく分からない文だったりする
    深く理解すれば分かるんだろか

  5. 匿名 より:

    鍾離先生の「花と酒を手に共に船へと乗った故人とは…いつまた再会できるだろうか?」が1.3で変わってたけど誤訳だったのだろうか

    1
    1
  6. 匿名 より:

    まぁ、実装したてのオンゲは大抵誤訳(?)のオンパレード

    • 匿名 より:

      隙を見せるのはほんの一瞬だ←わかる
      決めゼリフっぽく言うけど隙あるんかーいってなる。
      この斬撃を見切れるか?的なことを言いたかったんかね〜

      • 匿名 より:

        「隙を見せるのはほんの一瞬だ」って隙は一瞬あるからそこで倒さないと君は負けるよ的な意味と勝手に解釈してました。

        11
        • 匿名 より:

          「(敵が)隙を見せるのはほんの一瞬だ」
          その隙に強力な一撃を叩き込むって感じだと思ってる。タルタルは戦闘においての自論をけっこう語るしな。仲間への鼓舞的なニュアンスもあるんじゃないかなと

      • 匿名 より:

        ゲームシステム上発動時無敵だけど、タルタリヤの通常攻撃の速度からすると元素爆発発動時の溜めは隙だよな、と解釈している。

      • 匿名 より:

        中国語は知らんけど英語だと「油断しないほうがいいぜ!」みたいな感じだから誤訳だと思ってる

        • 匿名 より:

          隙を見せたな!とか相手の隙を突く時のシチュエーションとセリフじゃないのってずっと思ってる

  7. 匿名 より:

    岩の重さは安心できるんだよノエルちゃんが言ってるからそうなんだよ

  8. 匿名 より:

    他の元素より岩元素のずっしり感が好きってことじゃないの?

  9. 匿名 より:

    マヌケって名前だったのにこっそりデクに名前変わった人

  10. 匿名 より:

    ラグナロクオンラインっていうオンラインゲームの最初期は誤訳のオンパレードで開発会社の名前から取って重力語と呼ばれてたそうな。
    仕舞いに同人で重力語が出てくるタイピングゲームまで作られたという…

    あれに比べれば原神は訳せるだけマシという話。

  11. 匿名 より:

    お前ら岩の重さの安心感分かんないの?

  12. 匿名 より:

    誤訳誤訳いうけど、「フレアの止まり」は?ってなったけど、
    案外、悪くない翻訳やん?
    他のも何もおかしく感じないけどな。

    岩の重さの安心感が分からないなんて・・・
    隙を見せるのはほんの一瞬だ!とか、すごくタルタルらしいやん?

    翻訳はいい仕事していると俺は思っている。

  13. 匿名 より:

    岩の重さは安心できますってノエルが言ってるのエッチじゃない?

  14. 匿名 より:

    痛いから我慢しろよも何か違和感あるわ

    • 匿名 より:

      それは別に皮肉というかそういう台詞としてアリじゃないか?
      手加減しないみたいなニュアンスで

  15. 匿名 より:

    地脈溢れ口

  16. 匿名 より:

    それ以前に、三大誤訳って言ってんのに3つ提示してから4つ目求めてんの草

  17. 匿名 より:

    一回目の珍品イベは翻訳がエキサイトしてたからけっこう印象が強い

  18. 匿名 より:

    はい

コメントを残す

Twitterでフォローしよう